わかる!著作権

著作権の保護期間

著作権っていろんな種類があるんだね。
そうだね。
でも、なんか「これもだめ、あれもだめ」ってなんか不自由ってカンジ。
それで生活できる人もいるのよ。
そうだけどさぁ。いつまでも保護しなきゃいけないのかなぁ。 僕が書いた小説なんか僕が死んだらどうでもいいと思うんだけどなぁ。
死んだら好き勝手に使われるのも嫌じゃない??

著作権には、下の表のように存続期間というものが定められています。 (表)
この存続期間がすぎると、著作権が消滅し、著作物を自由に利用することが出来るようになります。この規定によって、著作権が消滅した文学作品をインターネット上で無償公開する青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)などといった取り組みが行えるようになっています。

第四節 保護期間
(保護期間の原則)
第五十一条 著作権の存続期間は、著作物の創作の時に始まる。
2 著作権は、この節に別段の定めがある場合を除き、著作者の死後 (共同著作物にあつては、最終に死亡した著作者の死後。次条第一項において同じ。) 五十年を経過するまでの間、存続する。
(無名又は変名の著作物の保護期間)
第五十二条 無名又は変名の著作物の著作権は、その著作物の公表後五十年を経過するまでの間、 存続する。ただし、その存続期間の満了前にその著作者の死後五十年を経過していると 認められる無名又は変名の著作物の著作権は、その著作者の死後五十年を経過したと 認められる時において、消滅したものとする。
2 前項の規定は、次の各号のいずれかに該当するときは、適用しない。
一 変名の著作物における著作者の変名がその者のものとして周知のものであるとき。
二 前項の期間内に第七十五条第一項の実名の登録があつたとき。
三 著作者が前項の期間内にその実名又は周知の変名を著作者名として表示してその著作物を 公表したとき。
(団体名義の著作物の保護期間)
第五十三条 法人その他の団体が著作の名義を有する著作物の著作権は、 その著作物の公表後五十年(その著作物がその創作後五十年以内に公表 されなかつたときは、その創作後五十年)を経過するまでの間、存続する。
2 前項の規定は、法人その他の団体が著作の名義を有する著作物の著作者である 個人が同項の期間内にその実名又は周知の変名を著作者名として表示してその 著作物を公表したときは、適用しない。
3 第十五条第二項の規定により法人その他の団体が著作者である著作物の 著作権の存続期間に関しては、第一項の著作物に該当する著作物以外の著作物 についても、当該団体が著作の名義を有するものとみなして同項の規定を適用する。
(映画の著作物の保護期間)
第五十四条 映画の著作物の著作権は、その著作物の公表後七十年 (その著作物がその創作後七十年以内に公表されなかつたときは、 その創作後七十年)を経過するまでの間、存続する。
2 映画の著作物の著作権がその存続期間の満了により消滅したときは、 当該映画の著作物の利用に関するその原著作物の著作権は、当該映画の著作物の 著作権とともに消滅したものとする。
3 前二条の規定は、映画の著作物の著作権については、適用しない。
第五十五条 削除
(継続的刊行物等の公表の時)
第五十六条 第五十二条第一項、第五十三条第一項及び第五十四条第一項の公表の 時は、冊、号又は回を追つて公表する著作物については、毎冊、毎号又は毎回の 公表の時によるものとし、一部分ずつを逐次公表して完成する著作物については、 最終部分の公表の時によるものとする。
2 一部分ずつを逐次公表して完成する著作物については、継続すべき部分が直近の 公表の時から三年を経過しても公表されないときは、すでに公表されたものの うちの最終の部分をもつて前項の最終部分とみなす。
(保護期間の計算方法)
第五十七条 第五十一条第二項、第五十二条第一項、第五十三条第一項又は 第五十四条第一項の場合において、著作者の死後五十年、著作物の公表後 五十年若しくは創作後五十年又は著作物の公表後七十年若しくは創作後七十年の 期間の終期を計算するときは、著作者が死亡した日又は著作物が公表され 若しくは創作された日のそれぞれ属する年の翌年から起算する。
(保護期間の特例)
第五十八条 文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約により創設された 国際同盟の加盟国、著作権に関する世界知的所有権機関条約の締約国又は 世界貿易機関の加盟国である外国をそれぞれ文学的及び美術的著作権の保護に 関するベルヌ条約、著作権に関する世界知的所有権機関条約又は世界貿易機関を 設立するマラケシュ協定の規定に基づいて本国とする著作物 (第六条第一号に該当するものを除く。)で、その本国において定められる 著作権の存続期間が第五十一条から第五十四条までに定める著作権の存続期間より 短いものについては、その本国において定められる著作権の存続期間による。