わかる!著作権

保護を受けられない著作物

憲法とか法律とかって、教科書に引用されてるのよく見るけど、 著作権とか大丈夫なのかな?
さあ?
学習に必要なことだから、OKなのかな?
そうなんじゃない?

著作権法第十三条では「憲法その他の法令」や 「国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人が発する告示、訓令、 通達その他これらに類するもの」、「裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに 行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの」などの著作物は 保護を受けられないとされています。 つまり日本の憲法や法律の条文などを引用するときは 著作権を気にする必要はないということになります。

第十三条 次の各号のいずれかに該当する著作物は、 この章の規定による権利の目的となることができない。
一 憲法その他の法令
二 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人(独立行政法人通則法<平成十一年法律第百三号>第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。以下同じ。)又は地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第一項に規定する地方独立行政法人をいう。以下同じ。)が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
三 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
四 前三号に掲げるものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの