わかる!著作権

保護を受ける著作物

コピーちゃん、著作物ってなんだろう?
確かに著作物、著作物っていうけど、ややこしくてよく分からないよね。
そうだよ。難しくてよく分からないよ!
ね。

著作権法第十条では著作権法内で扱われる著作物が例示されています。 著作物についての定義自体は第二条でなされていますが、多少ややこしいため、 十条で詳しく例示されています。例えば小説、脚本、論文、講演などの言語の著作物、 音楽の著作物、舞踊または無言劇の著作物、絵画、版画、彫刻などの美術的な著作物、 建築の著作物、地図などの学術的な性質のある図面や図表、模型等、映画、写真、 プログラムなどが挙げられています。

(著作物の例示)
第十条 この法律にいう著作物を例示すると、おおむね次のとおりである。
一 小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
二 音楽の著作物
三 舞踊又は無言劇の著作物
四 絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
五 建築の著作物
六 地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
七 映画の著作物
八 写真の著作物
九 プログラムの著作物